パセリス公式ブログ

パセリスの制作側のブログです。
<< 稽古場ノート vol.11 | main | 打合せ >>
性差に関するコラム:ことわざより
佐々木です。

チケットが徐々に売れ始めています。
第1回公演は席数が少ないため、場合によっては売切れてしまいます。
ぜひご都合よろしければお早目のご予約をお願いいたします。

予約はこちらから ⇒⇒ こちら
---------------------
本日は男女の性差に関するコラムを。

男女をそれぞれ表現したことわざとはいろいろあるもので。
最近使われる「女ごころと秋の空」というのは調べてみると、

本来は「男ごころと秋の空」と言ったらしく、
昔は女性は貞節なものとされたため、浮気心の多い男性のことを、
「男ごころと秋の空」と言ったそうです。

でも今や「女ごころと秋の空」が常用されるようになって、
イギリスのことわざにも「女ごころと冬の風はよく変わる」というものまであるそう。
女性の浮気心というよりは、
女性の気まぐれな心情を現した表現になっているみたいです。

浮気心が多いのは男性・女性で多いのはどちらかということは決めることはできませんが、
生き物が「できるだけ多くの子孫を残すこと」が本能であるという意味で考えると、
男女のどちらにも浮気心があると言えます。

つまり「浮気はダメだ」という今の文化をそのまま適用した形でモノを言うと、
やっぱり浮気は男性・女性、どちらにも分がある、というわけです。
| paserisblog | コラム | 16:33 | comments(0) | trackbacks(0) | -









http://blog.paseris.com/trackback/973626
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
にほんブログ村 演劇ブログへ

このページの先頭へ