パセリス公式ブログ

パセリスの制作側のブログです。
<< パセリス夏フェス第二弾詳細 | main | パセリスの夏フェス第二弾のお知らせ >>
パセリスメルマガ vol.1(サンプル)

パセリス メルマガ vol.1(創刊号)  2010/8/15
―――――――――――――――――――――――――
パセリスが隔週でお送りする、
半分演劇、半分読み物のメルマガ。
―――――――――――――――――――――――――
TOPICS
1:コラム
2:パセリスの活動報告
3:今週の企画について
4:佐々木のブログにもツイッターにも書かない演劇ばなし
5:今週のニュースにひとこと
6:Q&Aコーナー
7:ゲーマー佐々木のこのゲームを語る
―――――――――――――――――――――――――
1:コラム「TSUTAYAの誕生日クーポン」

僕は8月が誕生日ということで、
TSUTAYAの誕生日クーポンを8月3日に受け取りました。

誕生日クーポンは1年に1回のクーポンということで、
「レンタル1本無料」ぐらいを期待していたのですが、

クーポンの内容は、
「8月6日(金)〜8日(日)限定でレンタルが半額」でした。

あの、僕8月12日誕生日なんですけど、
それより前にしか使えないってどういうことですか?

しかも3日限定で無料にもならないなんて・・・。
僕はTSUTAYAに期待しすぎなのでしょうか。

脚本の執筆や他の作業があったので、
結局クーポンは使用しないままになってしまいました。

うーむ。
今までもらった誕生日クーポンで一番悲しいクーポンでした。
―――――――――――――――――――――――――
2:パセリスの活動報告「チケット発売と稽古開始」

パセリスは2010年9月23日(木)〜27日(月)に、
第六回公演「何にも知らないわけではない」を上演しますが、
8月14日(土)より第六回公演の稽古が始まりました。

稽古場日記は今回も「web-DICE」さんの日記に書いていきます。
稽古場日記はこちらから。
http://www.webdice.jp/diary/2250/

第六回公演のチケットが8月7日(土)から発売しております。
チケット予約フォームはパセリス公式HPから。
http://paseris.com/

今回の目玉はTwitter割引です。
ご覧頂く当日に「パセリスなう。」とつぶやいた画面を、
受付で見せて頂ければその場で200円割引いたします!!
当日じゃないとダメですので、ご注意くださいませ。
―――――――――――――――――――――――――
3:今週の企画について

★8月16日(月)・23日(月)もやもやパセリス
URL:http://moya-pase.cocolog-nifty.com/blog/
今回は「池尻大橋」編をお送りします。

★8月19日(木)・26日(木)パセリスの人間模様百景
URL:http://hyakkei-pase.cocolog-nifty.com/blog/
19日(木)はドトールにいたおばさんたちの会話をお送りします。

★8月21日(土)・28日(土)パセリスのラジオ風味
URL:http://portal.podcastjuice.jp/dirretrieval/feed_detail.cgi?categoryid=23&blog_id=24609&slisttart=0
21日(土)は夏ならではの怖ーいお話をお送りします。
―――――――――――――――――――――――――
4:佐々木のブログにもツイッターにも書かない演劇ばなし

【ブログとツイッター】
もう演劇論は、ブログでもツイッターでも書かないかもしれません。

すっかり演劇界もIT革命です。

HPやポータルサイトでの告知が当たり前になり、
役者も作家も演出家も、ブログをやったり、
ツイッターでつぶやいたりするようになりました。

そんな中、時折出てくる役者や作・演出の人たちの演劇論。

僕も昔はよくブログなんかで書いたりとかしていたのですが、
よくよく考えてみれば、ブログなんかに書いたところで、
何の発信やら問題提起にならないんだなーという風に思ったのです。

ブログで書く演劇論は「発散」系が多い気がします。
何か自分に演劇について考えさせられることがあって、
その思いをばーっと綴ったりする。まさにブログならではという感じです。

でも、ブログに書いて誰かに届いてくれれば、なんて有名人じゃないと無理です。
もしくは自分の考えをまとめる上で書いていることもあるみたいですが、
そんなのネットに公開しなくてもいいのではとも思います。

だから佐々木はメルマガに「演劇ばなし」として書きます。

ブログやツイッターで演劇に触れないからって、
演劇のこと考えてないっていうのはおかしいでしょ。

今後ともよろしくお願いします。
―――――――――――――――――――――――――
5:最近のニュースにひとこと

盗んだ金、「給料」と母に。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100810-00000080-jij-soci

たまに小説でもお芝居でも、事件を題材にしたお話はあるものですが、
一度でいいから、こういう人を主人公にしてお客さんがどう捉えるかが知りたいです。

どうしても客観的に見ていると「親思い」という言葉にすぐ心を動かされてしまいますから、
主人公(犯人)に同情する人というのは必ず出てくると思うんです。

面白いのは、こういう時に「でも空き巣は悪いことしたんだからダメだ」と言う人ほど、
悪人っぽく見えてしまうことです。
被害者じゃなく、不幸な加害者の方に同情してしまう関係性。
「お母さんのため」というのは果たして本当なのかもわからないのに、です。

ニュースも完全に真実を伝えきれているわけではありません。
状況だけでホントのことを見ようとするのは危険です。

もちろん、そんなこと言っている僕自身もホントのことなんか知る由もないわけで。
―――――――――――――――――――――――――
6:Q&Aコーナー

ここはメルマガ購読者から頂いた質問に対して、
裁量のある範囲で回答していこうというコーナーです。
ご質問は「info@paseris.com」まで。

質問がなければそのままです(笑)。
―――――――――――――――――――――――――
7:ゲーマー佐々木のこのゲームを語る(不定期連載)

不定期連載で、ゲーマー佐々木のオススメゲームについて語ります。

「僕と私の塊魂」(PSP 2005年)
公式HP:http://www.bandainamcogames.co.jp/cs/list/katamari_mi_psp/

「塊魂」というシリーズのゲームをご存知でしょうか。
主人公の「王子」がいろんな動物に島を作ってくれるように依頼を受け、
「かたまり」を転がしていろんなモノを巻き込み、島を作るというゲームです。

いろんなステージでただ塊を転がすだけという単純なゲームですが、
これが意外と気持ちがいい!

大きいものを塊に取り込んだときの気持ちよさは、
掃除機をかけて、汚かった部屋がキレイになるような感覚に近いです。
思わずコントローラに力が入ってしまう。

気になる点としては、転がす「玉」の操作の難しさでしょうか。
前に進むのに「上+△」を押し、
曲がるためには「左右」や「□○」を使い、ブレーキは「↓+×」と、
両手を使ってうまいこと操作をする必要があります。

でも慣れれば簡単です。
ステージごとに100点満点で採点をされ、目標もありますし、
音楽には松崎しげるやピチカート・ファイヴの野宮真貴、
YOUなんかも参加していて、かなり豪華になっています。

この夏休み、手軽にごろごろと塊を転がしてはいかがでしょうか。

ちなみに佐々木は全ステージを100点にし、
現在は転がした「モノ」のコンプリートにいそしんでいます。
―――――――――――――――――――――――――
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
メルマガに関するお問い合わせ・購読解除などは、
info@paseris.comまでお願いいたします。
―――――――――――――――――――――――――
■発行元:パセリス
■公式HP:http://paseris.com/
■MAIL:info@paseris.com

| paserisblog | 夏フェス | 10:06 | comments(0) | trackbacks(0) | -









http://blog.paseris.com/trackback/1315213
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
にほんブログ村 演劇ブログへ

このページの先頭へ